根元で起こる大動脈弁閉鎖不全の方のタダラフィル使用

タダラフィルは、クエン酸シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)に次ぎ、日本で3番目に厚生労働省の承認を受け、臨床応用された勃起不全症治療薬です。また勃起不全症だけでなく、肺動脈性肺高血圧症、排尿障害にも近年は使用されるようになっています。タダラフィルはクエン酸シルデナフィルやバルデナフィルと比較して、副作用頻度が低く、また併用禁忌の薬の種類も少ないことから、3剤の中では最も安全性の高い薬と言えます。それでも、副作用や飲み合わせの面で注意事項は沢山あります。ここでは大動脈の根元で起こる大動脈弁閉鎖不全症の方のタダラフィル使用について解説します。
タダラフィルの使用は心血管障害を有し、性行為が不適当と考えられる方には禁忌とされています。勿論、大動脈弁閉鎖不全を有する方も注意を要します。例えば大動脈弁閉鎖不全を長期的に罹患している方には特に注意が必要です。このような方は、心臓が大動脈弁閉鎖不全によって、血液が必要な量送り出せていない場合、心臓が筋肉を増強し、より強力に血液を押し出そうとします。そうすると、心臓が肥大化していき、いずれその心筋は固くて、使い物にならないものとなり、うまく拍出できなくなってきます。そのような時にもしタダラフィルを使用すると、血管拡張により、血圧が下がり、余計に血液の循環が悪くなり、循環不全に至る場合があります。
よってこの疾患を罹患していて、タダラフィルを使用しようとする方は、少なくとも医師の指導、診察の上で使用する必要があります。近年、インターネットの普及によって、海外製品を安価に手に入れることができる個人輸入代行サービスが使われる機会が増えていますが、心疾患のある方は自己判断で服用しないようにしましょう。

タダラフィルの比較的多い副作用や鼻づまり

タダラフィルは男性の勃起不全や勃起障害と言った症状に、陰茎の海綿体平滑筋の緊張を緩めて血流を良くし勃起を助ける効果を持つED治療薬です。
タダラフィルは心理的要因によるものや、神経や血管など体に要因があるものまたはその混合型のいずれにも有効なお薬です。
服用後まもなく、性的な刺激が加わることによって効果を発揮します。
タダラフィルの特徴としては、ED治療薬で有名なバイアグラと比べると半減期が長く、服用後36時間まで勃起機能改善効果が認められていることと、服用に際して食事の影響を受けないと言うことがあげられます。
そのため服用するタイミングにこだわる必要がなく、長時間にわたって安定した効果を期待できるお薬です。
タダラフィルは成人であれば通常1日1回10mgを性行為の約1時間前に経口服用します。
10mgの服用では十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された場合には、服用量を20mgに増量することもできます。
しかし軽度または中等度の肝障害のある人は10mgを超えてはいけません。
10mg服用の場合でも増量した場合においても、1日の服用は1回のみで服用間隔は24時間以上あける必要があります。
心臓病などの持病がある場合や心臓や血圧の薬などを服用している場合には服用中の薬を必ず医師に伝えたうえで、処方してもらうことが大切です。
重い心臓病や脳卒中などがあり、性行為そのものが危険と判断される場合には使用してはいけません。
また極度の低血圧やコントロールが不十分な高血圧の人も使用できない場合があります。
タダラフィルは副作用が起こることもあります。
比較的多い症状としては頭痛やほてり,鼻づまりなどです。
これらは血管を広げる作用によるもので時間とともに軽くなり自然におさまります。

タダラフィルと青魚でEDを解消

タダラフィルは服用後、36時間も勃起促進効果が続くことで知られています。
現在、世界No.1のシェアを誇っているED治療薬であり、高年齢の方も愛用者も多いのです。
ED治療薬は新しくなるほど、副作用やデメリットが軽減しているものです。
タダラフィルは副作用が弱く、食事・アルコールの影響をほとんど受けないというメリットがあります。
効果が発現するまでには3時間程度かかりますが、その後は36時間も効果が持続します。
他のED治療薬よりも価格は高いですが、持続時間を考えるとコストパフォーマンスが最も優れた薬だと言えます。

ED治療をする方は、医師から食生活の改善をするように指示を受けることが多いものです。
肥満体質の方は、食事内容を見直すようにアドバイスを受けます。
また、血中脂質に異常が見られる方は、血管を綺麗にするための食材を勧められます。
EDの予防に役立つ食材には、青魚全般があります。
背の青い魚に共通することは、DHAやEPAなどの魚油がたくさん含まれていることです。
肉類の脂肪を溶かしてくれるので、血液がドロドロの方におすすめの食材なのです。
厚生労働省のWEBサイトでも、生活習慣病を予防するために青魚を積極的に食べるように勧めています。

青魚のメリットは、食材なのでタダラフィルのような副作用がいっさいないことです。
毎日の食卓に並べることができ、肉類に対して相対的に量を増やすことで、血液のドロドロを防ぐことができます。
EDの方は血流が悪くなっているため、脂肪分の摂取を減らすべきです。
健康診断で指摘を受けた方は、EDを促進しやすいため肉類を減らして青魚を食卓に並べるようにしましょう。
手軽に摂取したい方には、缶詰もおすすめです。

タダラフィルと海綿体の拡張効果

タダラフィルは、ED治療薬の有効成分として活用されている化学物質です。このタダラフィルは、体内においてPDE5とよばれる酵素のはたらきを阻害することが知られています。PDE5は、血管の収縮に関与している酵素であり、これが海綿体の平滑筋を収縮させてしまうことによって、男性の性器への血液の流入がさまたげられ、EDの症状が発生してしまうのです。したがって、性行為から一定の時間前までにタダラフィルを服用することによって、その成分は海綿体の平滑筋にも作用するため、逆にこの部分の血管が拡張されて血液の流入が盛んになり、結果としてEDの症状の改善につながることになります。
EDというのは生活習慣病によって起きる動脈硬化のように、血管や神経などの問題から生じる器質性のものと、女性に対するトラウマや緊張感によって生じる心因性のものと、2つのタイプに分けられます。このタダラフィルが優れているのは、心因性と器質性のいずれの場合であってもED改善の効果がはたらくというところです。そのため、幅広い症例のEDに対して、世界中で投与が行われているといった実態があります。
また、いったん服用すれば効果がかなりの長時間にわたって続くというのもこのタダラフィルの特徴となっており、これはタダラフィル以外の他の成分を含むED治療薬と比較したときの大きなアドバンテージとなっているところです。
もっとも、効果の反面として副作用がないわけではなく、しばしば頭痛、顔などのほてり、吐き気、腹痛などのごく軽易な症状があらわれることがあります。こうしたものは特に重大な副作用ではありませんが、例えば心疾患の人が服用するニトロのような医薬品との併用は、思わぬ重篤な副作用を招くおそれがあるため、あらかじめ注意を払うことが必要です。

ED治療薬は尿を出しやすくする作用がある

男性の膀胱の下に位置するクルミ大の臓器の事を「前立腺」と言いますが、この前立腺が肥大すると尿道が狭くなってしまい尿が出にくくなります。
尿が膀胱内に残ってしまうことによって、残尿感を感じ頻繁にトイレに行くようになるという症状もあります。

ED治療薬には尿を出しやすくする作用があり、前立腺肥大による症状を改善するための治療としても有効であるとされています。
外科手術などと比べると体への負担も少ないというメリットがあります。

治療に用いられるED治療薬はタダラフィルで尿道や前立腺、膀胱出口付近の筋肉を緩める作用があり排尿しやすくします。
アメリカでは2011年からED治療薬としてだけでなく、前立腺肥大症の治療へも使用されるようになりました。

副作用としては、顔のほてりやむかつき、頭痛などがあります。
また一時的にではありますが、目に影響が出る場合もあります。
ですから、網膜色素変性症である場合には、服用を避ける必要があります。

体調に何らかの変化を感じた場合には、服用を中止し速やかに医師の診察を受けるようにしましょう。

ED治療薬は個人輸入で購入することも可能ですが、偽物である可能性が高いため服用する場合には注意が必要です。

正しい知識を持ってタダラフィルを用いる

「タダラフィル」とは、アメリカの製薬会社が開発・販売した勃起不全(ED)薬です。
その他にも肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても使用されています。
勃起不全薬としては「シアリス」呼ばれ、肺動脈肺高血圧症のとしては「アドシルカ」と呼ばれています。
「タダラフィル」は、今までの勃起不全治療薬と違って食事が関係することが無いので、空腹の状態で服用する必要がありません。
また、服用してから半時間程度で効果が表れ出す速効性がありますので、服用するタイミングを計算する必要がありません。
その効果の持続時間も、約36時間ほどだと言われています。
更に、副作用に関してもほとんどないと言われ、もし副作用が出ても一時的な軽度のもので済むとされています。
臨床試験を行った結果でも、これらのことから「タダラフィル」の安全性と効果が証明されています。
「タダラフィル」がどのようにして勃起促進をさせるのかというと、身体の血管を拡張して血液の巡りを良くします。
それに伴い海綿体の血管を広げる事で、勃起の補助を行う事が出来るのです。
「タダラフィル」に関しては、続けて服用することで、血管が健康になって勃起不全の改善に役立つとされています。
正しい知識を持ってタダラフィルを用いることが大切だといえます。

前立腺肥大薬ではザルティア

「ザルティア」とは、2014年に前立腺肥大症による排尿障害に関して承認された前立腺肥大薬になります。
「ザルティア」は、前立腺肥大の治療薬ではありますが、名前が違うだけでED治療薬の「シアリス」と同じ薬剤になります。
「ザルティア」の主成分が「シリアス」の主成分と同じ、「タダラフィル」になっています。
「タダラフィル」は、「ホスホジエステラーゼ5阻害薬」と呼ばれる薬の種類で、この「ホスホジエステラーゼ5」という酵素を阻害することで、筋肉を弛緩させて尿道の筋肉を緩める効果を発揮します。
このことから、前立腺の筋肉を弛緩させることで尿道の通りを良くし、前立腺肥大症による排尿障害などを改善する薬として使用されています。
服用方法は、原則として1日1回5mgの投与が基本になります。
副作用に関しては、頭痛・ほてり・消化不良など起こる場合があります。
その他にも動悸・めまい・下痢など起こる場合がありますが、いずれも頻度の高いものではありません。
「ザルティア錠」は、保険適用になります。
保険適用で入手される場合は、病院できちんとした検査を受けて処方する必要があります。
保険を利用せずに自費診療によって処方されたい場合に関しては、「ザルティア錠」ではなく、「シアリス」の処方になります。

アドシルカは肺動脈性肺高血圧症薬

アドシルカとは、タダラフィルを有効成分とする薬です。
タダラフィルは、肺動脈性肺高血圧症に効果のある成分として知られています。

肺動脈性肺高血圧症とは、肺の血管の血圧が高くなってしまう病気です。
代表的な症状としては、動悸や息切れ、強い疲労感等があります。
日常生活に支障をきたす場合も少なくなく、更に進行すると心不全を起こす可能性があります。

肺動脈性肺高血圧症薬のアドシルカの服用方法は、経口服用になります。
持続性の高い薬なので、1日に1回服用します。
また、食事による影響を受けないという特徴があるので、食事のタイミング等を気にする事なく服用する事が出来ます。

ただし、この薬は併用が禁止されている薬があるので注意が必要です。
禁止されている薬の代表的な物としては、ニトロが挙げられます。
ニトロと併用すると、血圧が急激に下がる場合があるので非常に危険です。
他にも、抗真菌薬のイトリゾール等も併用が禁止されているので、何か薬を服用している場合には医師や薬剤師に相談する事が大切です。

肺動脈性肺高血圧症への効果が期待出来るアドシルカですが、その反面で副作用が起きる場合があるので注意が必要です。
代表的なものとしては頭痛やほてり、下痢や腹痛等です。
服用していて違和感を感じたら、速やかに医師に相談する事が大切です。

タダラフィルはアドシルカ、ザルティアという薬剤にも使用されている

タダラフィルは、イーライリリーが製造・販売する勃起不全(ED)および肺動脈性肺高血圧症および前立腺肥大の治療薬ですが、その使われる病気によって薬の名前は異なります。
勃起不全治療薬としてはシアリスという名前で販売されており、肺動脈性肺高血圧症薬ではアドシルカ、前立腺肥大薬ではザルティアという名前で販売されています。
そもそも、タダラフィルという成分はどの様なものかと言うと、それぞれの病気の原因となるPDE-5という酵素があり、この酵素の活性化を抑制させ血管を拡張させて血流量を増やす事で症状の改善を行うという薬です。
勃起不全の治療薬というと、バイアグラやレビトラなどがありますが、これらの勃起不全薬と大きく異なる特徴があります。
タダラフィルは、それらの薬と異なり食事の有無に関わらず服用が可能で、36時間効果が持続するのです。
この為、この薬をウィークエンドドラッグなどと呼ぶ事もあり、非常に人気なのです。
タダラフィルはザルティアという薬剤にも使用されている訳ですが、前立腺肥大は中年以降の男性によく見られる症状で、勃起不全の症状も増える年代なので、一石二鳥と考える人も多く、世の男性の多くを救っている薬といえます。