ハト撃退の方法とその難しさ - 誰でも簡単に取り組めるハト撃退対策

ハト撃退の方法とその難しさ

ハトは春先にかけて日本にやってきて、今ではハトの糞による問題も多く取り上げられるようになりました。



しかし、ハトは法律で守られているので、ハトの巣を駆除するためには届出などが必要になってくるので勝手にハトの巣を壊したりしてはいけないことになっています。
このような法律があるためハト撃退が難しくなっています。ハトの巣の駆除が法律で守られているので、いかに巣を作らせないようにするかが重要になってきます。
ベランダなどで一度ハトを見かけたら注意する必要があります。

ハトは偵察で巣を作る場所を探すので頻繁に見かけたら近くに小枝などが落ちていないかを確認する必要があります。

もし、落ちているのであればどこかに巣を作ろうとしている証拠になります。

エアコンの室外機や植木鉢の裏側などにも巣を作って卵を産んでいる場合もあります。

巣を作られてしまってはどうすることも出来なくなってしまうので、そうなる前にいかに対策するかが重要です。
ハト撃退には幾つかの方法があります。まず、巣を作らせないことが一番です。



ベランダや庭などに小枝や針金などの巣の材料となるものを捨てます。



さらに、不必要な物を撤去することで巣を作れそうな場所を出来るだけなくします。


人気が少ない場所や高層マンションなどの高層階に巣を作る可能性が高いので注意が必要です。
他のハト撃退法には、対策グッズで撃退する方法です。

ハトの天敵はカラスや猫、蛇などがいます。
そういった置物などを設置することでハトが近づかなくなります。

他にテグスをベランダなどに設置することによってハトがベランダ内に入れなくする方法も有効です。上記に書かれているようにハトの巣は法律で守られているので、いかに巣を作らせないがハト撃退のコツに繋がります。