高校の時の趣味がダンスだった人の特徴

学生時代に何が好きだったかというのは今後の人生に大きく影響を与えるものです。

例えば鉄道が好きだった人の特徴は地名に詳しくなって地理に明るくなるというものがあります。アイドルが好きだった人は難しい名前もあっさり読めるなど、大したことではないけれどそれが好きだったことで他の人にはない魅力が出てくるケースが見られます。その中で高校時代に趣味がダンスだった人の特徴を見ていくと、リズム感に溢れ、自分を表現する際に常に全身を使ってしかも楽しそうに表現するという傾向にあります。

何か嬉しいことがあれば全身で表現するというのは意外と簡単そうに見えますが、実は難しいものです。それは恥ずかしさがあり、馬鹿馬鹿しさを感じる人がいるからですが、高校時代に趣味がダンスだった人はそのあたりの恥ずかしさというものがそんなにありません。嬉しいとか悔しいなどを激しさで表現するなど、様々な踊り方で表現していけるのは魅力的な要素であり、それまで大人しくしていた人が急に明るくなって、社交的になるケースも見られるなど、人間形成に大きな影響を与えることが指摘されています。

高校の時の趣味がダンスだった人は中学時代までは大人しく、それ以降に明るくなったタイプが多いです。もちろん黙々と踊り続ける人はいますが、自己肯定感を高めることもできるので自分自身に自信が持てるようになるのもいい要素です。とにかく踊ってみて表現していくだけで結構変わっていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *