前立腺肥大薬ではザルティア

「ザルティア」とは、2014年に前立腺肥大症による排尿障害に関して承認された前立腺肥大薬になります。
「ザルティア」は、前立腺肥大の治療薬ではありますが、名前が違うだけでED治療薬の「シアリス」と同じ薬剤になります。
「ザルティア」の主成分が「シリアス」の主成分と同じ、「タダラフィル」になっています。
「タダラフィル」は、「ホスホジエステラーゼ5阻害薬」と呼ばれる薬の種類で、この「ホスホジエステラーゼ5」という酵素を阻害することで、筋肉を弛緩させて尿道の筋肉を緩める効果を発揮します。
このことから、前立腺の筋肉を弛緩させることで尿道の通りを良くし、前立腺肥大症による排尿障害などを改善する薬として使用されています。
服用方法は、原則として1日1回5mgの投与が基本になります。
副作用に関しては、頭痛・ほてり・消化不良など起こる場合があります。
その他にも動悸・めまい・下痢など起こる場合がありますが、いずれも頻度の高いものではありません。
「ザルティア錠」は、保険適用になります。
保険適用で入手される場合は、病院できちんとした検査を受けて処方する必要があります。
保険を利用せずに自費診療によって処方されたい場合に関しては、「ザルティア錠」ではなく、「シアリス」の処方になります。